オール電化

オール電化の家はおしゃれな家が多い

個人的にな偏見かもしれませんが、オール電化設備となっている住宅、家に関してはデザイナーズが多いと思っています。良くネットでデザイナーズマンションの情報等を開いて見てみると大抵はオール電化として光熱費設備が載っている印象が強く、一概に全部がそうとは言えませんが、オシャレな家はオール電化なんどと思ってしまっています。ガスを使用しないので、環境的に安全性があるイメージもありますし、なにより電気だけで全てを管理出来る部分として、生活をする中で電気の使い方に関しても色々と節約意識が高まる環境になるんじゃないかと思っています。まだまだ普及率というのはそこまで高くない様ですが、時代はエコを求めていますので、今後ますますこのオール電化設備が増えて行くんじゃないかと思います。

通常だと契約内容や手続きが多くて大変

一般的に家にかかる光熱費として電気、ガス、水道とありますが、水道は絶対に必要になってきますが、電気とガスに関してはそれぞれ電気会社、ガス会社に連絡をとって手続きが必要になってきます。もちろん引越しする場合も契約解除の手続き、新しい引越し先でまた手続き、特にガスに関しては本人立ち会いが必須ですので、結婚していない、独り身の人になると日中は仕事に出ている事もあって中々立ち会うタイミングを取るのも難しいかもしれません。そう考えるとオール電化だとガスの契約の手間が省け、また月々の使用料も一元管理出来る部分でとても便利なんじゃないかと思います。ただ、最終的にはやはり自分の行動次第で使い勝手が良いか悪いかになると思いますので、オール電化での生活の見方をきちんと考えたいと思います。