断熱は大事

住宅の断熱の種類と方法について

室内で快適に暮らすためには、その建物の断熱性がポイントになります。断熱性はつまり外側から影響で内側の温度が変化しないことを指します。夏であれば暑さを遮り、冬であれば寒さを遮るというものでこれにより、エアコンや暖房器具などを効率よく動かすことができ、光熱費を下げることが可能です。 断熱性を高める方法としては、壁や窓ガラスを厚くするものの他に高性能な断熱素材を使うというものがあります。また高性能な素材を使わなくても、空気の層を設けることで断熱性を高めることができます。この代表的なものとしては二重窓で、外窓のほか内窓を付けることで室内外の温度差による温度変化を最小限に抑えることができるメリットがあります。

断熱するための価格相場について

断熱を行う場合には、壁を厚みを高めるか高性能な断熱素材の壁に変える方法があります。これらは根本的には新築の段階で行うかリフォームしたさいに使うかの場合に限られます。費用は通常の壁を作るのとそれほど変わりません。 一方で、窓ガラスは光を通しやすく、同時にその光は壁や床などに当たることで熱に交換されます。これが室内温度の上昇につながりますが、窓ガラス自体は壁などよりも熱を伝えやすいので、寒い日には室内の温い空気を奪うことになります。これを防ぐ方法としては、窓をペアガラスにするか、内窓を付けることで二重窓とする方法があります。二重窓にするメリットは、既存の外窓を残しつつ、施工することができるので、費用が抑えられるという点が挙げられます。